医療保険に契約する時〜必要な手続きと段取り〜

保険のメカニズムを知る

保険の基本的な仕組みは、相互扶助の考えに基づいているものです。
加入者の保険料を集め、それを今必要としている人に、保険金をして利用するものです。
もちろん、自分の番になれば、同じような仕組みの下で支給され、医療保険であっても、また、社会保険であっても同様です。
しかし、現代の巨大化し、なおかつ、複雑化しているため、相互扶助の考えを純粋に実施することは、不可能なようです。
まず、保険料と言っても、内訳が2つのものに分かれます。
まず、一つ目が純保険料になります。
これは、冒頭の方でもお話したように、保険金に充当されるものです。
現代の保険が変わったとはいえ、保険料の幹の部分であることに変わりはないようです。
もう一つが付加保険料になります。
これが現代的な保険料の内訳でしょう。
この中には、事務管理費も含まれます。
あるいは、保険会社の収益も入ります。
いわば、保険を支える諸費用が、付加保険料のようです。
おそらくこういう手数料のようなものがなければ、現代の保険は成り立たないようです。
また、保険は金融の一種でもあり、それだけ大きなお金が動くからとのことです。
あるいは、保険会社は、集めた保険料を運用することで、資金の確保を行っています。
このため、投資などを行うことで知られ、貸出なども行っています。
企業の大株主であるケースも多々あり、市場動向を左右する時もあるようです。
このため、保険会社の動向を注視している投資家も多々いるようです。
なお、最近では、積立タイプを利用した投資型保険も人気があるようです。
損益が発生しますが、自分のお金は自分で作るとの意識が、加入者にも自覚されている時代なのかもしれません。

Copyright (C)2017医療保険に契約する時〜必要な手続きと段取り〜.All rights reserved.