医療保険に契約する時〜必要な手続きと段取り〜

告知義務を理解

保険は、基本的に何もない時に加入します。
これは、公平の観点から来ているのでしょうが、たとえば、自動車保険でも、自動車事故を引き起こした後では、加入ができないようになっています。
医療保険や生命保険でも、同様なようになっています。
このため、加入時においては、診断書などを提出するようになります。
中には、健康優良体と認められれば、保険料が割り引かれる制度などもあるようです。
これもまた、無駄なコストを掛けないために、利用する意義があるでしょう。
また、こういう診断書とともに、自分がどのような状態であるのかを申告する必要があります。
これが、告知義務となっています。
これは、加入前にしっかり確認させられることであり、一般的には、保険会社が用意した書類に、チェックを付けたり、あるいは、記入するようになるようです。
自動車保険に加入している人であれば、自動車の年式や走行距離などを申告したことがあるでしょうが、それが自分の体の状態などになるようです。
これで病気などがない、となれば、加入に問題なしとなるようです。
ただし、告知義務は、義務と呼ばれるように、必ず行うものです。
しかも、うその申告をすれば、いざという時に給付金が下りないというケースも発生します。
これは、保険会社から見れば、免責事項にも似たようなものでしょう。
このため、アンケートなどとは異なるため、正直に答えることが重要です。
仮にうその申告をしたとしても、保険会社も専門家であるため、すぐにわかってしまうようです。

Copyright (C)2017医療保険に契約する時〜必要な手続きと段取り〜.All rights reserved.